髪 細い 男 太くする方法

細い髪を太くする方法

30代に入ってから髪が急に細くなったという男性は多いと思います。
髪が細くなるとトップにボリュームが出なくなり、ペチャっとして髪型が上手く決まらなくなります。

 

髪型が決まらないだけならまだいいのですが、怖いのはその先です。
髪が細い男性は、近い将来ハゲる可能性があります。

 

頭皮を指で押してみて、手の甲を指で押したときよりも弾力がない場合は黄色信号です。
その部分は将来ハゲると思ったほうがいいでしょう。
つむじ部分や前頭部はとくに頭皮が硬くなりやすいので注意が必要です。

 

頭皮が硬くなると血行不良になる

頭皮が硬い場所は血流が低下します。
頭皮の内側には毛細血管が走っていて、その血管から毛根へ栄養が送られることで髪の毛は成長します。
ですので、頭皮の血流が滞っていると、髪の毛に十分な栄養が届かなくなり、細い髪の毛になってしまうのです。

 

この状態が慢性化すると、次第に髪の毛が抜けていくようになり、確実にハゲていきます。
頭皮の血行不良はハゲと深く関係しているのです。

 

男性は30代になると頭皮が硬くなる

年をとると男女ともに頭皮が硬くなるということが分かっていますが、男性の場合は30代から頭皮が硬くなりはじめます。

 

頭皮が硬くなる理由のひとつは、頭頂部の皮膚が薄くなることです。
頭の横や後ろは皮膚の下に薄い筋肉があるのですが、頭頂部には筋肉がありません。
そのため、加齢とともに皮膚が前後左右に垂れ下がっていき、頭頂部の皮膚が伸びてしまうのです。

 

皮膚が伸びてしまうと、その内側に通っている毛細血管も一緒に伸びてしまいます。
血管は細い管なので、伸びたぶんだけさらに細くなってしまい、血液の流れが余計に悪くなってしまうのです。

 

さらに、年をとると頭蓋骨の形も変形してきます。
頭頂部の中心線(真ん中分けのライン)は、頭蓋骨の結合部なのですが、ここが年をとると少しずつ出っ張ってきます。
そして、出っ張ったぶんだけ皮膚が薄くなり血流が悪くなるのです。

 

血行不良のほかにも髪が細くなる理由はあります

血行不良のほかにも髪の毛が細くなる原因がいくつかあるのでご紹介します。

 

AGA

AGAは、正式名称を男性型脱毛症といいます。
日本人男性の4人1人が薄毛に悩んでいるという調査データがありますが、その薄毛に悩む男性のおよそ9割がAGAを発症しているといいます。

 

AGAは簡単に言うと、髪の毛が軟毛化することをいいます。
軟毛とは、髪の毛が細く柔らかい産毛のようになってしまうことです。
男性ホルモンや遺伝の影響によってヘアサイクル(髪の成長周期)が乱れてしまい、髪の毛が十分に成長しないまま止まってしまうのです。

 

栄養不足

人の体は食べた物から作られています。もちろん髪の毛も例外ではありません。
髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。
ですので、タンパク質が不足していると髪の毛が十分に育たなくなります。

 

また、ケラチンは体内で再合成されるため、その過程でビタミンやミネラルなどさまざまな栄養素が必要になります。
その中でもとくに重要なのが亜鉛です。
亜鉛が不足していると、いくらタンパク質をたくさん摂取しても丈夫な髪の毛が育ちません。

 

ストレス

ストレスは細胞を老化させます。
ストレスを感じると、体内に活性酸素という物質が発生し、これが細胞を酸化させるのです。
要するに体をサビつかせてしまうのです。

 

 

この他にも睡眠不足やタバコの吸い過ぎなど、細かい原因はありますが、以上の4つを対策すれば理論上髪の毛は太くなります。

 

髪を細くする原因をまとめるとこうです。

  • 血行不良
  • AGA
  • 栄養不足
  • ストレス

 

次に、これらの対策についてご紹介します。

 

髪を太くする方法

順番に対策方法をまとめてみました。

 

ストレスから髪を守るには?

ストレスを受ける環境を変えられない場合は、しっかりストレスを発散しましょう。運動やストレッチ、入浴などは手軽にできるストレス解消法です。

 

あとは、ビタミンCを小まめに摂取することも大切です。
ビタミンCは、ストレスによって発生する活性酸素を除去してくれます。
ただし、ビタミンCは汗やオシッコなどで体外に排出されやすいので、小まめに摂取するのがポイントです。

 

 

栄養バランスのよい食事とは?

バランスのよい食事を心がけましょう。
髪の主成分であるタンパク質はもちろん、ビタミン、ミネラル、植物繊維なども毎日しっかり食べるようにします。

 

難しい場合は、育毛サプリがおすすめです。
とくに亜鉛などは、普段の食事から十分な量を摂取するのは難しいので、育毛サプリは強い味方となってくれます。

 

 

AGA(男性型脱毛症)は早めの対策が◎

AGAが発症している場合は、AGA治療薬か育毛剤のどちらかをすぐに使いましょう。
AGAが進行して薄毛が悪化してしまうと、髪の毛が太くなるどころか元の状態に戻すことさえも難しくなってくるからです。

 

ただし、AGA治療薬は強い副作用があるのでオススメはしません。
まずは育毛剤を使ってみてください。
最近の育毛剤はAGAの原因物質を抑制する成分が入っているのでしっかり効果があります。
その他にも髪の毛に良い成分がたくさん配合されているので、髪の毛を太くするには一番効果的かつ即効性のある方法だといえます。

 

 

頭皮の血流促進で髪を太く強く!

頭皮の血行を良くするために一番効果的な方法は、育毛剤を使うことです。
育毛剤には、血流を促進する作用や、頭皮を清潔に保つ作用、毛根を活性化する作用などさまざまな効果が期待されている成分が入っています。
毎日使うことで確実に効果が出るので、ぜひ検討してみて下さい。

 

育毛剤については、下記のページに詳しくまとめてあります。

つむじハゲ 育毛剤 ランキング